美コラム

【バイキング】南雲吉則さんのエゴマ油で10才若返る方法!

投稿日:2015年9月30日 更新日:

9月30日のバイキングより、アンチエイジングの達人、奇跡の60歳の南雲先生の若返り法です!

南雲先生の健康法

シャワーは水で浴びる。
水シャワーで内臓脂肪を燃やすんだそうです!

うひょーも寒そう!

野菜は皮ごと食べる

あらゆる野菜や果物の皮には、ポリフェノールが含まれているんですね!
先生もキウイを皮ごとポリポリ食べていました。

できるだけ階段を使う!

先生は自宅の7階までダッシュしているそうです。

これは有酸素運動になるので、脂肪燃焼するそうですよ。

肩こり解消の方法

肩甲骨を動かして窓拭きをする。
肩甲骨の周りの筋肉を鍛えて血流アップすると肩こりがなくなるそうです。

飲み物はごぼう茶を飲む

動脈硬化を予防するサポニンと言う成分がいいんだそうです。

ごぼう茶の作り方

泥付きごぼうの皮を、軽く丸めたアルミホイルで洗い、さきがけします。

2時間ほど天日干しし、栄養を凝縮。

20分ほど焦げる手前まで炒めてちゃパックに入れて家につけて完成!
香りが良さそうですね~。早速飲んでみたい!

こちらは南雲先生がオススメするごぼう茶↓↓↓

美肌効果と歯周病予防にえごま油がオススメ!

オリーブオイルのような色のえごま油。
美肌効果、歯の健康、ダイエット、視力回復に効くそうです。
えごま油は脂肪にならないのがポイント!

エゴマ油をクレンジングオイルとして使う

小さじ1を顔に広げて、えごまオイルをよく揉み込みます。
次はシワに沿って約5分間マッサージ。
そうすると毛穴の汚れがなくなり若返るそうですよ!
油は水に溶けないので、油で落とすのが1番だそう。

スタジオのゲストの皆さんもやっていましたがしっとりする〜と言っていましたよ。

歯周病を防ぐ方法

歯磨きの後にえごま油でマウスウォッシュする。
口の中の汚れた油は同じ油で落とすのがコツ。
顔の筋肉を意識してクチュクチュしましょう。

ちなみに、えごま油は飲んでも大丈夫ですよ!

えごま油を使った料理

えごま納豆
血液サラサラと美肌効果アップに効き目あり!
えごま豚シャブ
疲労回復力アップにききます。

また亜麻仁オイルの入ったうるリノレンも良質な油脂で美肌になれると人気です♪

また若返り・美容から健康までとても効果的なサジージュースもとてもおススメ。

サジーを飲んでみた感想と効果の記事はこちら↓

南雲先生が、エゴマオイルで30歳若返る本を出版されるそうですよ。

気軽にエゴマオイルを取り入れて美しく健康になりましょう!

⇒えごま油の正しい摂り方についての記事です。逆効果の食べ方は必見!

【関連】【保存版】快眠・冷え性など美肌をつくるための厳選ワザ!







-美コラム
-

Copyright© 美肌たからばこ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.