風邪に効く最強の食べ合わせ (おかゆ&ヨーグルト編)【バイキング】

~11月9日のバイキングより風邪に効く最強の食べ合わせについて~

熱がある時に飲んだ方が良いのは?

1温かいお湯
2.冷たい氷水

正解は…温かいお湯!

風邪の時に熱が出る理由は、風邪のウィルスは熱に弱いため自然治癒の一環として熱が出るため。

江戸時代や明治時代薬がなかった時代に自分の力で治せる編み出すためにこのような方法が生み出されたとか。

体を全体を温めた方が良いのですが、頭部だけは温めるとショートしてフラフラしたりしてしまうので冷やすのですね。

Sponsored Link

体温上昇のデメリット

1、体力の消耗
2.脱水症状
3.身体の機能低下

風邪の時に体を温めるのに良いのは?

1、唐辛子
2.しょうが

正解はしょうが

唐辛子は体は温まるのですが、発汗作用が強いため、体から熱を伸ばして体温を下げる可能性があるそうです。

しょうがは、ジンゲロールと言う成分が体を温める作用をしてくれるのです。

しょうがは、加熱すると体がよりポカポカに温まります!

ジンゲロールは加熱するとショウガオールと言う成分にかわります。
ジンゲロールは手足を温め、ショウガオールは体の芯から温める効果が。

風に効果的な食べ物は、生姜紅茶。

ショウガ+紅茶で、体ポカポカ&カテキンの殺菌作用が取れます。

風邪の時、豆腐の味噌汁に入れるなら?

1.ネギ
2.ワカメ

正解は…ネギだそうです!

ネギの中にあるアリシンと言う成分は、加熱するとよくなってしまうので、生ネギをそのまま味噌汁に入れることによって効果的にアリシンを摂取できます。
ネギには殺菌の作用があり
1.体を温める作用
2.殺菌作用
3.食物繊維が豊富

風邪の時にうどんに入れるなら?

1、生卵
2、温泉卵

正解は…温泉卵!

卵の白身に含まれる塩化リゾチームに、抗炎症作用があるそうです。

消化にかかる時間が関わっているそうなのですが、温泉卵は1時間30分、ゆで卵は2時間半、生卵は2時間45分もかかるのです。目玉焼きは3時間、卵焼きは3時間15分!

風邪の時お粥に入れるなら?

1、梅干し
2、鮭フレーク

正解は…梅干しです。

サケフレークは、抗酸化作用のあるアスタキサンチンがあるのですが、デメリットといえば即効性がないこと。

梅干しはクエン酸が豊富で、

エネルギー補給
食欲増進
殺菌作用があるので効果的なんだそうです。

また卵も、エンカリゾチウムを組むため(抗塩化作用)、ネギと梅干しをトッピングしたらなお良いそうです。

お粥はゆっくり噛むことがポイント!

よく噛むことで唾液を分泌するので消化が良くなります。

風邪が治りかけの時ヨーグルトに入れると良いのは?

1、りんご
2.バナナ

正解はバナナ
風邪が治りかける時は、体に溜まった毒素を出している状態。
これをカリウムで出すんですね。これは利尿作用がある成分です。

このカリウムの量が、バナナはダントツに多いのです。次にキィウイ、いちご、みかん、りんごの順なっています。ミキサーなどでかけることでカリウムの吸収を促進するのでオススメですよ。

また第2の養命酒といってもいいくらい、ものすごい栄養を含むサジーもおすすめ。

できるだけ風邪をひかないように参考にしましょう!

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です